ブログ
2019年10月15日

「市民のみなさんとともにたたかいます」10.3市民集会に参加した各政党のごあいさつ(動画)

立憲民主党 真山勇一参院議員

カジノ止める運動は、色々な方法がある。どんどんやりましょう。一人一人は小さくても集まれば力になります。多くの署名を皆さんと一緒に集めていきたいと思います。横浜にカジノはいらない!カジノを止めるまでみなさんと一緒にたたかいます!

立憲・国民フォーラム 今野典人市議

まずは、皆さんの決意を聞き、何が問題なのか深めようと個人で参加しました。一層、カジノを横浜に入れてはいけないとの思いを強くしました。受任者を沢山増やして、受任者だけでも住民投票が成立する勢いで頑張ります!

日本共産党 はたの君枝衆院議員

長い歴史を背負った横浜の未来を決めるのは、市民の皆さんです。アメリカでも、安倍首相でも、横浜市長でもない。市長は、市民理解が進んでいないと認めているのに、なぜカジノ誘致を決めたのか。市民の声を聞かないなら聞かせる運動を。国会でも連帯して力尽くします。

日本共産党 荒木由美子市議

カジノの審議をしている委員会で、誘致反対の参考人を呼ばないという流れがあった。でも、立憲・国民フォーラムの市議とも力を合わせて、変えることができた。これはカジノ反対と強く願う市民の力があったからです。一緒に横浜の新しいページを作っていきましょう!

社会民主党 森英夫市連合副代表

住民投票だけでカジノを止めるのは難しい。市長リコールの準備も一緒に進める必要があると思う。私は、住民投票とリコールの両方の受任者になる。どちらも目的はカジノを止めること。まずは市民の関心を呼びおこしていきたい。一緒に頑張りましょう。

PAGE TOP