ブログ
2019年12月12日

ニュースNo.10「50万筆へ向け12・22市民集会でさらなる飛躍を」

「カジノの是非は市民が決める!」12・22市民集会

 歴史・文化豊かな港・横浜を、賭博場であるカジノの街にしたくない!
 依存症や犯罪が多発する街に未来はありません。
 市民・県民のみなさん、カジノはいらない!の声をあげ、計画断念へ追い込みましょう。

日時:12月22日(日)14時~15時(小雨決行)
会場:山下公園・石のステージ

☆ゲストスピーカー
小林節さん(憲法学者・慶応大学名誉教授)
古賀茂明さん(元通産官僚・フォーラム4代表)
奥村まさよしさん(保育士・気象予報士)

 集会では、3人のゲストスピーカーをはじめ、国政議員や団体・市民代表のスピーチも予定されています(終了後のデモ行進はありません)。

受任者1万人を突破

10月3日からスタートした住民投票条例制定を求める受任者募集は、今月11日に1万人を突破しました。

この間、各区で連絡会や市民の会が発足し、街頭宣伝をはじめ、商店街や地域での対話などが取り組まれています。

圧倒的声集めよう

 今月22日、誘致候補地とされている山下ふ頭前の山下公園で、1万人規模で市民集会が開催されます。

この集会を多くの参加者で成功させ、市長・議会を突き動かす住民投票を求める署名50万筆を目指して、力を合わせましょう。

毎週末行動で、受任者600人へ《磯子区の会》

『勝手に決めるなカジノ!』の横断幕を掲げ、毎週土日に駅頭宣伝を続けている磯子区の会(現在は水日)。

「こちらが考えている以上に市民は関心がある」と参加者の実感通り、1時間半で85人が署名した日もあり、これまでに600人が受任者となっています。

「日本でカジノ、いけない」埼玉県からメッセージが

会あてに埼玉県在住の方からメッセージが届きました。一部をご紹介します。

カジノを反対されている皆様へ

私は74歳の会社を経営している者です。
小学校時代の友人が大学を卒業後に マカオに旅行に行き、日本領事館員の娘さんと付き合い結婚し、マカオに住んでおりました。
マカオ旅行に行った時カジノの日本人に◯◯さん(友人)はと聞くと、◯◯さんは 日本人で初めてのマカオの旅行の案内人でその方が二人目の日本人だと教えてくれました。
◯◯君が何時も口癖のように「日本でカジノを作る事は絶対にしてはいけない。家族や友人を含めてどれほどの悲惨な人生かを考えてほしいと」言っておりました。
カジノを作る人達は対策を充分にするから大丈夫と言いますが、賭け事をする人は、ハビット(習慣・習性の意)で止めることはできません。
その様な人達の意見を充分に聞くことが必要です。

活動資金への募金へご協力をお願いします

郵便局から振込みの場合

記号10960・番号31070281
名義:カジノユウチハンタイヨコハマレンラクカイ

他金融機関から振込の場合

【店名】〇九八(ゼロキュウハチ)【店番】098
【預金種目】普通預金
【口座番号】3107028
名義:カジノユウチハンタイヨコハマレンラクカイ


※受任者募集活動やその中でのエピソード・写真 など、連絡会へお寄せください

FAX 045-345-9664

E-mail [email protected]

新着情報

カジノ止めるニュースNo.22「市民が決める―住民投票条例制定を 4月24日署名スタート」
NEW
カジノ止めるニュースNo.22「市民が決める―住民投...
カジノ止めるニュースNo.21「集中期間3月末まで延長 行動広げ、5万人へ」
カジノ止めるニュースNo.21「集中期間3月末まで延...
横浜IRカジノ反対、市予算4億円の削減をもとめる...

過去記事一覧

PAGE TOP